片桐衣理がお答えする ヒアルロン酸注入 大人気!雑誌でも話題の衣理クリニックの化粧品 美容皮膚科・アンチエイジングの衣理クリニック
お問い合せ電話番号03-5786-0077メールフォームからお問いあわせ

片桐衣理式プチ整形、ヒアルロン酸注射・注入、ボトックス注射

■ヒアルロン酸注入に関するQ&A

【Q1】ヒアルロン酸って何ですか?

ヒアルロン酸は人間の皮膚や関節などに多く含まれているムコ多糖という成分からできています。1ccのヒアルロン酸に対して6,000ccの水を取り込むことができ、潤いを与える作用があります。

【Q2】副作用の心配は?

ヒアルロン酸は人間の体内にある成分です。さらに動物抽出されたものを使用していないので副作用を起こす可能性は極めて低くなっています。また、処置後の アレルギーを起こす可能性も約0.05%(2,000人に1人)と非常に低いことも特徴です。アレルギー反応が出ても赤み程度の軽度なものです。

【Q3】処置の痛みは?治療にかかる時間は?

部位によって痛みの度合いに差がありますが、全く無痛というわけではありません。比較的痛みの強い部位の処置や患者様のご希望により、麻酔クリーム等を使用いたします。処置時間は部位によりますが10分程度です。

【Q4】治療は1回で完了しますか?

治療部位や治療範囲にもよります。部位によっては2週間くらいの間隔を空けて、2〜3回に分けて注入することもあります。

【Q5】効果はどの位持続しますか?

注入したヒアルロン酸は体内で水に分解され、徐々に吸収されていきます。効果の持続時間は部位や個人差、注入剤の種類によりますが、3ヶ月〜1年程度と言われています。
最終的には完全に吸収されてしまいますので、継続的な処置が必要となります。(現在、一部残存する注入剤もありますが、これについてはまだ長期経過の報告が少ないのが現状です。)

【Q6】しわの治療について教えて下さい

以前はコラーゲン注入法が一般的でしたが、この方法は効果の持続時間が短く(ヒアルロン酸の約1/2)、1ヶ月間のアレルギーテストが必要であるため、最 近ではヒアルロン酸注入によるしわ治療が主流になっています。しわに沿ってヒアルロン酸を注入し、しわを浅く目立たなくします。
ヒアルロン酸注入以外のしわ治療として、ボトックス注射やレチノイン酸などの外用薬の使用、レーザー治療などがあります。個々のご希望と症状によって治療法を決定します。

【Q7】治療(手術)の痕が残りませんか?

ポツンポツンと注射跡が残りますが、数時間から翌日には消えてしまいます。
処置後わずかに赤みを帯びる場合があります。これは治療過程の一過性の反応であり、自然に解消されます。

【Q8】しわ用とプチ整形用のヒアルロン酸は一緒ですか?

特に違いはありません。
しわ治療でもプチ整形でも部位や目的によって濃度の違うものを使い分けて使用します。

【Q9】処置当日の赤くなったり腫れたりして目立ってしまいますか?

いつごろから人に会えますか? 処置当日より人と会う事ができます。処置部位は特に隠す必要がありません。ただし、目元の処置については内出血等の可能性がありますのでサングラスやコンシーラーなどをご用意していただく場合もあります。

前のページ

前のページ