片桐衣理がお答えする ヒアルロン酸注入 大人気!雑誌でも話題の衣理クリニックの化粧品 美容皮膚科・アンチエイジングの衣理クリニック
お問い合せ電話番号03-5786-0077メールフォームからお問いあわせ

片桐衣理式プチ整形、ヒアルロン酸注射・注入、ボトックス注射

しわや鼻筋などに“ヒアルロン酸”という注入薬を極細注射針で注入し、
鼻や顎、輪郭などの形を整える「ヒアルロン酸注入法」としわや輪郭を作る筋肉の働きを弱める
「ボトックス注射」があります。

(1) ヒアルロン酸注入法 ヒアルロン酸を極細注射針で皮下へ注入し、しわを浅くしたり鼻や
あごの形を整える方法
(2) 筋肉内にボツリヌス菌からの抽出成分を注入し、しわや輪郭を作る筋肉の働きを弱める方法

コラーゲン注入法として以前より行われていた手法が新しい材料 ヒアルロン酸の登場により、
“プチ整形”としてここ数年で一気に広まりました。
このヒアルロン酸はアレルギーテストが不要なため、(従来のコラーゲン注入法では、初診時の
アレルギーテストで一ヶ月経過を観察した後、はじめて処置が開始されます)手軽に行えて結果が
すぐに分かる治療として大きく注目されているのです。
一方、ボトックス注射法はボツリヌス菌の抽出成分を用いて表情筋などの筋肉の動きを弱め、
極めて効果的にしわを作りづらくさせます。
いずれの治療も、結果がすぐに出せる治療として高い評価を得ています。

以下のような簡便さが、流行の最大の要因と言えるでしょう。

(1) メスを使わず、手軽に顔の気になる部分を修正できます。
(2) わずか数分で治療が終了します。
(3) 施術の痛みが非常に少ないこと。(治療部分にクリーム麻酔をぬることにより針を刺す痛みがない。)
(4) 施術部位にもよりますが術後の腫れなどがほとんどないこと
(ほとんどの処置が直後からお化粧でき翌日から普段どおりの生活ができます。)
(5) 極細注射を使用する処置のみであるため、傷跡が残らない。
(6) 処置内容により術後約6ヶ月〜1年ほどで術前の状態に戻りますのでこれが安心材料に
なるともいえます。また本格的な美容手術の前にシュミレーションとして希望する方も多い。

前のページ

前のページ